home > 月刊ペットニュース > 猫の健康診断の受診状況は

月刊ペットニュース "詳細"

2019年02月28日配信

猫の健康診断の受診状況は

ani_1802_01.gif

 

猫の健康診断の受診状況

ani_1804_02.gif

 

全体では半数以上の方が「受けている」と回答しています。とてもよいことですね。

動物病院を嫌いな猫が多いですが、だから行かないのではなく、

行くたびにおやつを与えるなどいい印象を与えておくといいですね。

定期的に本格的な健康診断、その合間に簡単な健康チェックや体重測定に行くといいと思いますよ。

 

 

 

犬・猫の健康診断の受診頻度

ani_1804_03.gif

 

 

理想的な頻度の目安は、0~9才は1年に1回、

10才以上は1年に2回、猫の体調によってはそれ以上受けたほうがいいこともあります。

一般に、犬や猫は人の4倍以上の速度で年をとるといわれます。

つまり、犬・猫の「1年に1回」は、人の「4年に1回」と同じです。

1年や半年の間に、体に変化が起こることは決して珍しくありません。

「痛い」「つらい」と言葉で伝えられない動物のために、年齢・体の状態に合った頻度で受けてあげたいですね

 

 

ani_1804_04.jpg

 

 

データ提供/アニコム損害保険株式会社

※本連載で引用している「家庭どうぶつ白書2016」は、アニコム損保の「どうぶつ健保」にご契約のあった猫67,882頭を対象にしています。

※始期日(保険契約の開始日):2014年4月1日〜2015年3月31日。

※イラストはすべてイメージです。
発行元:アニコム損害保険株式会社

前へ 一覧へ戻る 次へ